介護福祉士資格取得後に取るべき資格には何がある?

公開日:2022/11/15


介護福祉士は国家試験であり、介護のお仕事をするのであれば目標にしている方も多いのではないでしょうか。介護福祉士は、より質の高い介護のお仕事ができ、待遇もよくなります。さらなるスキルアップやキャリアアップを目指す方は、次の資格を取得してみましょう。今回は、介護福祉士資格取得後に取るべき資格についてご紹介します。

介護支援専門員

介護支援専門員とは、別名ケアマネージャーと呼ばれている資格のことです。介護支援専門員は、介護保険のスペシャリストです。介護が必要な人が、適切な介護を受けられるようにケアプランを立案し、介護サービス事業者との間にたって調整をするお仕事です。介護福祉士として5年の実務経験を積むと、受験資格が得られます。

筆記試験に合格したら、研修を受けて介護支援専門員として登録されます。筆記試験の勉強は独学で学ぶことも可能ですが、通学、通信で講座を受けることもできます。介護支援専門員の方は、特別養護老人ホームや地域包括支援センター、居宅介護支援事業者などで働きます。実務経験があると、施設のシステムやどのような介護が行われているかなど具体的にイメージでき、介護支援専門員としての仕事もやりやすくなります。

社会福祉主事任用資格

社会福祉主事任用資格を取得すると、民間の病院や介護施設などで医療ソーシャルワーカーや生活相談員として働くことができます。20歳以上の方で、大学で指定科目を3科目以上履修し卒業すれば取得できます。また所定の通信教育で、1年間学ぶことでも取得できます。社会福祉主事任用資格を取得後、地方公務員に合格すると社会福祉主事になることができます。社会福祉主事になると、地方自治体の福祉事務所に配属され、高齢者や障がい者のサポートを行うことができます。

認知症ケア専門士

認知症ケア専門士とは、認知症についての知識と高い技術を獲得し、認知症ケアの向上を目的とした資格です。2005年に制定された比較的新しい資格で、高齢化社会の今、認知症ケアに需要があるということがわかります。一般社団法人日本認知症ケア学会が主催する民間資格です。受験資格は、過去10年間の間に認知症ケアに関する施設、団体、機関などで認知症の方に関わる実務経験が3年以上あることです。第1次筆記試験に合格すると、第2次論述、面接試験があります。

勉強方法として、独学、受験対策講座、勉強アプリがあります。資格を取得した後は、5年ごとに更新が必要になります。認知症ケア専門士の方は、介護保険施設、グループホーム、有料老人ホームなどで認知症の方に直接関わる現場で働くことが多いようです。

認定介護福祉士

認定介護福祉士は、介護福祉士の上位資格となる民間資格です。より質の高い介護実践や介護サービスマネージメント、介護と医療の連携強化、地域包括ケアなどに対応するための考え方や知識、技術などを取得します。利用者、職場、ほか専門職、地域など幅広くかかわる、支援する使命を担う存在です。取得条件は、介護福祉士として5年以上の実務経験があることです。そのうえで、一般社団法人認定介護福祉士認証・認定機構が実施している「認定介護福祉士養成研修」を受講する必要があります。養成研修は1類が345時間、2類が255時間で合計600時間あります。

この養成研修を全過程修了したら認定申請を行い、機構による審査のもと認定証が発行されます。5年ごとに更新が必要で、更新には2年以上の実務経験が必要です。認定介護福祉士を取得すると、リーダーへの教育指導役や施設や事業所のサービスマネージャーにもなることができます。地域やほか専門種との連携で介護サービスの中心的役割も担います。キャリアアップを考えている方にはおすすめの資格です。

医療介護福祉士

一般社団法人日本慢性期医療協会が認定を実施している民間資格です。高齢者の方の中には慢性疾患を抱える方が多くいます。また、介護施設には高度障がい者や神経疾患をもつ利用者の方もいます。医療介護福祉士を取得することで、現場で活躍でき、介護の質の向上をはかることができます。

取得条件は、介護福祉士として1年以上の実務経験があることです。講座を受講し、認定試験合格すると資格を取得できます。講座は、全6日で講義16単位と実習8単位の全24単位を受講します。内容として、慢性期医療についての検査や薬などの医療知識や救急処置なども学びます。キャリアアップだけでなくスキルアップになるため現場で活躍できる資格です。

まとめ

介護福祉士は国家資格であり、これだけでも介護業界で働くには充分と考えるかたもいるかもしれません。しかし、高齢化社会のなかで介護の需要が増えるとともに、利用者の方のニーズも多岐にわたります。介護職にも医療の知識や技術が必要とされる時代なのです。今回ご紹介した資格を取得することで、ニーズに応え現場で活躍できます。また現場だけでなく、多職種連携や地域連携をはかれる介護の中心的役割を担うことも可能になります。仕事の幅を広げ、キャリアアップを目指して資格を取得してみてはいかがでしょうか。

【兵庫県】おすすめの介護スクールランキング

イメージ1
2
3
4
5
会社名介護のキャンパスカイゴジョブアカデミーニチイまなびネット未来ケアカレッジ三幸福祉カレッジ
特徴初心者でも介護のプロへ!資格取得も就職も徹底サポートする介護スクール約2万件の求人情報の中から適した就職先を提案してくれる全国約300カ所に教室があり、教育事業45年以上の実績を持つ講座で学べる介護に関するさまざまな資格が取得できる!合格率92%の確かな実績で、効率よく短期間で資格が取得できる
詳細リンク

おすすめ関連記事

サイト内検索
記事一覧